合格率、気になりますか?

こんばんは😃🌃

ペーパー通訳案内士から、ペーペー(新米)通訳案内士に、キャリアアップしようと目論んでる、ふるちゃんで~す💕

 

ところで、皆さんは、試験の合格率、気にしますか?

 

私は、あんまり…いや、ほとんど気にしません。難関資格と言われようが、超楽勝資格と言われようが、興味があって、取得したいなと思ったら、気にせずそれなりに楽しんで、勉強します。

 

なので、何か、挑戦しようとしている方には、合格率や倍率、競争率など気にせず、できる勉強や、できる行動を始めちゃうことをおすすめします❗

 

まぁ、合格しても、そうでなくても、気の持ちようで、道は開けると思いますよ❗

 

ちなみに、私が、合格したときの合格率(2010年度・英語)は、12.0%。実は、このブログを書くために調べて初めて知りました✨

あのときのワタシ、意外と頑張ったみた~い💕

 

で、最近は、2013年で、30.9%、ここ2~3年は、20%台を推移しているようです。

もちろん、言語によって合格率は、違います。

この数値の推移をどう分析するかは、通訳ガイド予備校の先生方に、お任せします🙇

 

英語の通訳ガイドの一次試験が、免除になると聞き、英検1級も、ガイド試験を受験する前の年に、取りました✨

 

こう言っちゃうと、難関資格を制覇してる(?!)ように思われるのですが、大抵の方が、一発合格すると言われる自動車運転免許の筆記試験は、1回落ちてます💦

 

第一志望の大学には、入れませんでした😭💦

 

学生時代、全員が通ると言われたインドネシア留学の奨学金試験に見事に落ちちゃったり、その他、人様には言えない失敗は、よくしています😭💦

 

なので、結論から言うと、難関であろうが、楽勝であろうが、できる勉強、対策を取って、あとは、自分は、運が強いと思い込むのが、一番いいのかなと、私は、考えてます✨

 

第一志望ではない大学に入りましたが、その大学に入ったのがきっかけで、インドネシアに交換留学しました。奨学金は、もらえなかったけど、インドネシアは、物価が安いから、ラッキーと思いながら、留学生活を満喫しました。

そして、帰国間近に、アジア通貨危機に遭遇(年齢ばれちゃいますね💦)

タイバーツの暴落が、インドネシアのルピアにも波及しました。

正確ではないかもしれませんが、当時覚えているのは、一夜にして、為替レートが、1ドル2500ルピアから、5000ルピアに暴落したことです。

この相場の急な変動は、一留学生にとっても、衝撃的でした。

 

当時の報道から、親からの仕送りが目減りする❗と、焦って、現地銀行の口座を解約し、ドルに替え、難を逃れました。

その経験から、経済ニュースの大切さを実感。帰国して日経新聞を愛読するようになりました。

それが、出産するまでの数年間勤めた外資系の経済ニュース通信社で働くことに繋がったような気がします。今、振り返ってみると。

 

というわけで、ペーパー通訳案内士が、何だか説教臭いことを書いてしまいましたが、何か勇気を持って、頑張ってみたいと思っている方、応援してま~す❤

 

きっと素敵な未来に繋がるはず💕

 

私も、頑張りま~す🍀

 

今日は、何だか字ばっかりのブログになってしまいました💦

もうちょっと、写真などを入れて読みやすくなるよう、少しずつ改良します🙇

 

それから、でも、やっぱり通訳案内士の合格率、気になる方、合格したけど、合格率知らなかったので、自分をほめてあげたいと思った方は、JNTO(日本政府観光局)のサイトを見てみてください☺

 

まだ不馴れで、サイトが、うまく貼りつけられませんでした💦

ごめんなさい🙇研究します🙇💦

 

では、皆さまの夢が、叶いますように🍀

今日は、この辺で❤

読んで頂き、ありがとうございました🙇💕