2次試験 思い出話🍀~その2~

 こんにちは🙇皆さん、お元気ですか?

ペーパー通訳案内士、ふるちゃんです💕

受験された方は、そろそろ一次試験の結果が届いている頃でしょうか?

 

2次試験、思い出話の2回目は、大手英会話学校の講師を勤められ、2年に1回、英検1級に合格するほど、英語力には問題のないTさんが、なぜ1回目の通訳案内士の2次試験、残念だったのかというお話しますね。

 

答えを言う前に、確認しておきたいことを、ペーパーのくせに、僭越ながら、敢えて書きます❗

 

①通訳案内士は、サービス業である。

②面接は、語学力のほかに、コミュニケーション能力(対人スキル)、ホスピタリティが試されている場である。

 

この二つは、出題傾向が多少変わっても、絶対変わらない原則です❗

 

で、答えなんですが、ズバリ「面接官と口論してしまった❗」

と、ご本人が、おっしゃっていました。

面接官が無愛想で、感じが悪かったらしいです❗

こっちが、一生懸命話しているのに、聞く態度がなってなくて、腹が立ってしまったそうです。で、質疑応答のやり取りの時に、「アナタ、その態度、失礼よ」と、ガツンと英語で言って、口論しちゃったらしいのです。

 

授業で、その話を、私、聞いてましたけど、そんな緊張する場で、口論出来ちゃうって凄いなと、彼女を尊敬の眼差しで見ると共に、嫌な面接官に当たっちゃったらどうしようか、不安になりました💦

 

その話を聞いていたM先生は、「その面接官は、確かに問題です。ちょっと信じられないなぁ。だけど、通訳案内士は、英語力だけでなく、ホスピタリティが問われる仕事です。面接官がどんな人であれ、大切なお客さんだと思って、ホスピタリティと笑顔を忘れずに、明るく、あなたらしく振る舞ってください。言い負かしたり、議論で勝とうと思わない方がいい。スマイル大事です❗」と話されていました。

 

7年前に聞いた話ですが、鮮明に覚えていて、部屋の片付けしたら、当時勉強していた時のノートにも、M先生の話、走り書きでメモしてました😁

 

 ほんとに、勉強にかけてきた時間を考えると、2次試験の時間なんて、あっという間です。私も、この話聞いていたので、本番では、とにかく笑顔で、明るく振る舞いました❗

幸い、面接官の方、優しかったです☺💕

ラッキーでした🍀

 

面接官も、何人もの話を聞いて疲れてるかもしれません。相手も人間だから、そういうのが、出てしまうこともあるかもしれませんね。

 

ただ、こっちとしては、そういうのに振り回されて損したくは、ありませんよね?

 

試験1週間前になったら、睡眠をしっかりとる、ストレスためない、試験会場には、余裕を持って到着する…などなど、自分の中のイライラする要因をなるべく減らすのも、大事な試験対策になると思います☺

 

皆さんの努力が実りますように🍀

今日も、読んで頂いて、ありがとうございました🙇💕