駆け出し通訳ガイド ふるちゃんのブログ

7年間のペーパー通訳ガイド生活から、2018年春❗ついに卒業いたしました💕関西エリアを中心に活躍中⁉

今年の夏の後悔💦

 こんにちは!駆け出し通訳ガイドのふるちゃんです😊


 今日のお題は、「今年の夏の後悔」

 さて、学校の夏休みも、後半に入りました。

 お子さんがいらっしゃる方の中には、今、夏休みの宿題、追い込み中という方もいらっしゃると思います。我が家も、例に漏れず・・・

 大変ですよね~💦

f:id:yukofm:20190819230705j:plain

(家の中より、図書館やカフェなど、外の方が勉強できるらしい息子💦)

 我が家も、「やればできる!」と叱咤激励しながら、子どもたちをサポートする日々を送っております。あともう少しだ~!!!がんばろ~🍀

 

 この時期、通訳ガイドや通訳のお仕事は、ぐんと少なくなりますが、それでも、ありがたいことにオファーをいくつかいただきました。にもかかわらず、全部お断りをせざるを得ない状況でした。

 

 なぜか。

 

 残念ながら、売れっ子になったからではありません。

 

 受けたかったのですが、預けられるところがなかったからです💦

 私が住んでいる兵庫県稲美町では、事前に手続きをしていれば、小学校で、学童保育の一時預かりをしてもらえます。2年前まで住んでいた地域では、保育所学童保育も、定員オーバーという地域でした。なので、すごく恵まれているのです。

 とはいえ、たぶん、駆け出しだし、閑散期だし、8月は仕事の依頼は来ないだろうと思って、手続きをしていませんでした💦

 去年は、オファーゼロだったし、油断しておりました。

 

 そんななか、2日間のビジネス通訳のお仕事のオファーが来ました。お仕事するのが、金曜日と土曜日。土曜日は旦那が子供たちをみてくれることになりました。金曜日は、同居する母に頼みたかったのですが、一日中、やんちゃでおてんばな子供二人の面倒を見るのが、かなり負担になってきており・・・預けられそうなところを探しました。後で触れますが、いつもお世話になっている一時保育は、現場から遠すぎ、小学校の学童の一時保育は、手続きが間に合わず、結局、様々な事情が絡み合い、受注できませんでした。

 そのほか何件か、通訳ガイドのお仕事もオファーが来ましたが、預けられる見通しがたたず、お断りしました・・・

 預けられるところがあれば、すぱっと決断出来て、お仕事受けられたのにと残念な気持ちになりました。

 小学校のママ友さんと近所の夏祭りでお話しする機会があり、普段は学童に預けていないけど、長期の休みの間は、預けられるようにしているという話を聞き、そうか、そういう活用法もあったのだと思ったのです。

 

 私の場合は、毎日仕事があるわけでもないので、いざというとき一時保育で預かってもらえるところがあると助かります。

 週一回、神戸の英語教室に教えに行っているのですが、その時は、教室の近くにある私立の学童保育があるので、そこに、長期休み中は、教室のある日だけ一時保育で預けています。

 神戸方面で仕事するときは、安心して預けられます。

 ロボットのプログラミングや、英語を教えてくれたり、保育内容も充実しています。

 先生も、優しくて素敵な方です。

 昼食も、別料金ですが、子どもたちが、「すごくおいしい」と言っていました。  ご近所の割烹料理屋さんで、お弁当を作ってもらっているそうです。

 ということで、神戸方面で預かってもらいたいときは、こちらの保育・学童保育、おすすめです。0歳~12歳まで預かってもらえます。

 

ray-kids.com

 仕事あるなしに関わらず、ちょっとリフレッシュするのに一時保育があると本当に助かります。いざというときに、頼れる場所や人がいるのは、ありがたいことですね。

 やはり、ひとりで抱え込まずに、いろんな人を巻き込んで、子育てするのとても大事です!

 子どもが小さいうちは、いくつか、安心してあずけられるところを探しておくのも、お仕事のチャンスをつかむためには、必要だと思いました。